ゴルフクラブのヘッドについて

ゴルフでボールを打つ際に使用するゴルフクラブにおいて、打つときにボールに直接当たる部分をヘッドといいます。

それに対して打つ時に持つ部分をグリップ、棒状の部分はシャフトと呼ばれます。



ゴルフクラブにおいてヘッドはとても重要な部位です。

ゴルフクラブのヘッドにおいて、その特徴を表す用語を紹介します。

まず、クラブフェースの傾きを表す用語として、シャフトの中心線である軸線と、打つ時ボールに当たる面であるフェース面のなす角度をロフト角と呼びます。

フェースが空を向けば向くほどボールは高く上がることになります。


ドライバーに関して日本国内のものはロフト角が正確なものが多いのですが、日本国外のものは表示と実際の角度が違うことが多くあります。その時に実際の角度を表す用語としてリアルロフトという用語が使われます。

次に、クラブヘッドを地面をつけたときに、シャフトと地面とで作るヒール側の角度をライ角と呼びます。

身長や手の長さなどによって自分にあったライ角のクラブを使用しないとボールが安定せず、スイングをクラブに合わせることになってしまいます。

あなたにぴったりのsmanyを利用するなら此方のサイトです。

そして、ウッド形状のクラブにおいて、シャウトの中心線が地面と垂直な平面上にある状態でヘッドを地面とソールが平行になるようにした時に、フェース面に平行な水平線と、垂直面とがなす角度をフェース角と呼びます。
また、フェース面の丸みのことをバルジと呼びます。フェース面のトゥ寄りにボールが当たるとフックしやすく、ヒール寄りに当たるとスライスしやすくなります。

三菱レイヨンのウッドシャフト情報が絶対見つかります。